カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
チベタンキー &マザーオブパール・ターコイズ・カーネリアン ネックレス
0円(税抜)
定価 36,000円(税抜)
n-248
チベタンキー &マザーオブパール・ターコイズ・カーネリアン ネックレス
0円(税抜)
チベタンキー
マザーオブパール
チベタンターコイズ
ミゾラムカーネリアン
ルドラクシャ
インドビーズ・パシフィック・ホワイトハート

鍵と言われて思い浮かぶ形とは、ちょっと違います。
チベットの鍵。
錠前に挿して、回すのではなくスライドさせて開ける鍵です。



あわせたのは、チベットでお数珠として使われていたマザーオブパール。
連の状態の時は、まだお香の匂いが残ってました。
(チベットからの物には、いろいろな匂いが残っていることがあります。)

チベタンターコイズとミゾラムカーネリアンも添えました。
ターコイズは、いつもの物より少し時代の浅いヴィンテージです。
丸く形を整えられた玉。
時代は浅いけれど、深い緑はまさしくチベタン。
使うことで、艶も増していくものと思います。

ミゾラムもチベット文化の残る場所。
上質のカーネリアンを連ねた連から、丸みのある玉を選びました。



それぞれの玉の下にシードビーズを入れています。
このシードビーズがストッパーになり、玉の位置を決めます。
シードビーズも固定していないので、指で押さえて動かせば動きます。
お好きな場所に、各玉を動かして身に着けてください。
最後のデザインを決めるのは、貴方です!



サイズを調整する後ろのビーズは、インドビーズとルドラクシャ。
紐の先端にも、マザーオブパール。
よく「後ろまで贅沢ですよね。」と言われるのですが。(^^;
やっぱり、ここも大切にしたいので。



オールドの艶、背中にもまとってください。

紐は長く組みました。
ロングネックレスとして、ニットやワンピースなどにも似合うと思います。
短く胸元に着けた時には、背中に長く紐が垂れて素敵です。
また、男性でもサイズを気にせずお使い頂けます。
(もう少し短く、というリクエストがありましたらお伝えください。)



サイズ : フリー 最長・約110cm
チベタンキー 約86×26×11(輪の部分)
マザーオブパール・チベタンターコイズ・ミゾラムカーネリアン 約7mm玉



*マザーオブパール*
チベットのお数珠として使われていた玉です。
海の無かったチベットでは、この貝から作られたビーズも珍重されました。

今回のマザーオブパールについて、ブログを書きました。
こちらから 「チベットからのお数珠」

*チベタンターコイズ*
少なくとも100〜200年それ以上の時代をもち、
(今回の玉はヴィンテージ、100年以内のものです。)
家宝として護符として、大切に受け継がれてきました。
樹脂を浸透させるステビライドなどの加工がされていない、
ナチュラルターコイズです。
身に着けることで、深い色、美しい自然な艶は、
ますます深く、美しくなります。
採掘し、削り出すのではなく、自然な形そのままに、穴をあけ
珊瑚や瑪瑙、琥珀、真珠などと共に首飾りにしたり、
髪に飾ったりしていました。
心優しいチベット人の宝物です。

*ミゾラム・カーネリアン*
インドの東北部に暮らす、ミゾ族に伝わるカーネリアン。
1700年代くらいからの伝承玉です。
カーネリアンの産地は、諸説ありまだ謎の残るビーズでもあります。
俵型に削りだされたものが多く、色も形も揃った美しいカーネリアンです。

*ルドラクシャ*
ヒマラヤの麓に暮らすシャーマン達が、身に着けていた金剛菩提樹の実です。
長く長く身に着けることで、深い色になり、
表面は摩耗し、滑らかな表情となります。
ヒンドゥーでは、シヴァ神の象徴として、大切にされており
チベットでも、お数珠として使われています。
日本でも、やはりお数珠として使われています。
人々の“祈り”に深く通じるものは、民族を超えて同じなのでしょうか。
一つの素材が、多くの国で、違う人々の手によって、大切ににされていること。
興味深く思います。

*蝋引き紐*
ナイロン製の紐を細く裂き、三つ編み、または四つ組にて
1本、1本作っています。
使っているうちに、馴染んできて、柔らかくなってきます。
肌へのあたりも優しく、いつもお気に入りの石を
身に着けていたい方にお勧めです。
金属のものが苦手、と仰る方にもお薦めしています。