カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 雑誌掲載 Bead Art vol.31〜

Bead Art “re”

KOBEとんぼ玉ミュージアム 発行
ビーズをアートに楽しむ情報満載マガジン「Bead Art」にて
創刊から、誌上ギャラリー“re”にて、作品を掲載して頂いてます。




vol.38 巻頭特集 薬玉

江戸後期〜大正時代に、日本で作られた和玉と
日本の宝である、あこや真珠とあわせて。




vol.38 くすだま

薬玉や扇の模様に添えられる、紐の曲線。
着物に描かれる伸びやかな曲線に、心惹かれました。

日本で作られた和玉には、着物に通じる美意識があるように感じます。
そんな世界に少しでも触れることができれば、と制作しました。




vol.37 石の年齢

私たちにとっては長い長い年月も、
石からみたら一瞬の出来事なんだろうな、と。

でもその石からみた一瞬の間で、
人類には文明が生まれ、
様々な伝統が連綿と続いているのだな、と。

全ての過去が、現代につながっている。
それを実感できる瞬間。




Vol.36 葡萄(えびぞめ)
表蘇芳・裏縹(重ねの色目より)

アンティークビーズでステッチをしたい。
との思いで、作り始めました。
一粒、一粒、針で拾い糸を通していく。
編み進むことが嬉しくて、ワクワクしました。

美しいサフィレットのボタンにも、背中を押されました。

作る楽しさ、身に着ける喜び。
ビーズが与えてくれるものを、沢山感じました。




Vol.35 再会

子供の頃、ビー玉遊びをしましたか?
綺麗なビー玉にワクワクした記憶、ありませんか?

手にしたビーズの過去に思いを馳せるのと同時に、
ビー玉を手にした、小さな頃の自分を思い出しました。
キラキラするガラス玉に、心躍らせる子供。
あなたの目にも、浮かんできませんか?




Vol.34 つなぐ

初めて買ったローマングラスを、ネックレスに仕上げました。
私とアンティークビーズの世界をつないでくれた玉です。

この玉を手にしたことから、新たな人とのつながりも生まれました。
作品に仕上げたことで、古代の人ともつながりました。

沢山のつながりを再現した作品になりました。




Vol.33 海を仰ぐ

交易品として沢山の海を渡ったアンティークビーズ。
海のイメージがつきまといます。

どんな海を渡って、新しい土地に向かったのでしょう?

大海原を航海するビーズに思いを馳せ、制作致しました。

ブログ




Vol.32 めぐる

様々な土地を巡り、人々の間を巡ったビーズを
ぐるりと輪につなぎました。

ブログ




Vol.31 安息

東と西をつなぎ、人・文化の交流の要となった土地。
その文化の豊かさ、自然の豊かさに支えられた国で
心安らかに暮らす人々に、思いを馳せて。

ブログ


Bead Art “re”作品紹介ページへ