カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
琥珀 & 黒珊瑚 + 赤 ブレスレット
30,000円
購入数

b-439
琥珀 & 黒珊瑚 + 赤 ブレスレット
30,000円
琥珀 1700〜1900年代? イエメン
黒珊瑚 1700〜1900年代? イエメン
カットビーズ 1900年代初頭 ボヘミア
ロシアンブルー 1800年代 ボヘミア
シードビーズ 1800〜1900年代初頭 ヴェネチア

イエメン渡りの琥珀と黒珊瑚。
二つを並べてみました。



カットが入った黒珊瑚と、ふっくらとした琥珀。
琥珀の色は、濃いめ。赤を感じる色ですね。



黒珊瑚の一部に、傷のようなものがあります。



隣にイングリッシュカットのボヘミアンビーズを添えました。
とても深い赤です。



素材の艶と色を楽しんでくださいませ。
と同時に、光とのハーモニーも楽しんでくださいね。

紐を束ねて調整するのは、赤いヴェネチアンシードビーズと、ロシアンブルー。
赤のロシアンブルー、レアな玉です。



紐の先端のは、イングリッシュカットのボヘミアンを下げました。





琥珀も黒珊瑚も軽い素材なので、見た目のボリュームより軽くみにつけられます。



サイズ : フリー(輪の最大 約23cm)
琥珀 約8〜10×13×14mm 黒珊瑚 約10×13×13mm



*ロシアンブルー*
1800年代、ボヘミアで作られたカットガラスのビーズ。
水晶やガーネットなどの研磨技術が活かされました。
アラスカとの毛皮貿易の為に、海を渡ったと言われています。
このカット技術がオーストリアに渡り、後のスワロフスキーになります。
層構造を持つ玉もあり、シャープなカットと透明感が魅力的なアンティークビーズです。

*蝋引き紐*
ポリエステル製の紐を細く裂き、四つ組に組み、1本、1本作っています。
使っているうちに、馴染んできて、柔らかくなってきます。
肌へのあたりも優しく、いつもお気に入りの石を身に着けていたい方にお勧めです。
金属のものが苦手、と仰る方にもお薦めしています。
この商品を購入する